北欧食器が当たるかも!Xmas料理特集!

山岳スナップ

カテゴリ:富山の低山

  • 山岳スナップ415
    [ 2014-07-07 16:58 ]
  • 山岳スナップ414
    [ 2014-07-06 22:11 ]
  • 山岳スナップ413
    [ 2014-07-05 19:03 ]
  • 山岳スナップ412
    [ 2014-07-04 11:51 ]
  • 山岳スナップ398
    [ 2014-06-16 22:04 ]
  • 山岳スナップ397
    [ 2014-06-15 09:20 ]
  • 山岳スナップ396
    [ 2014-06-11 17:52 ]
  • 山岳スナップ395
    [ 2014-06-10 10:01 ]
  • 山岳スナップ394
    [ 2014-06-09 11:52 ]
  • 山岳スナップ393
    [ 2014-06-08 21:47 ]

山岳スナップ415




天気が悪い中での短時間登山だったので、撮影枚数は少ないです。
これで、低山(大辻山)の写真は終了です。


次の休みに高山に行きたいのですが、台風と梅雨時期なので難しそうです。
かと言って、低山もちょっと飽きてきたし。
あまり無理せず、のんびりと過ごそうかと思います。


この写真は16-35F4の35mmの方で撮りました。
流石に若干距離が足りなかった為、周辺部を少しトリミングしています。
by mountain-snapshot | 2014-07-07 16:58 | 富山の低山 | Comments(2)

山岳スナップ414




キヤノンの新レンズ、16-35mmF4を使用しています。
色々とレンズを持っているように見えて、広角ズームは持ってませんでした。


一番の理由は、値段の割りに性能がイマイチな事でした。
生意気な話ですが、風景ではあまり気にならないはずの欠点なのに、当時はその妥協が嫌で買いませんでした。何が嫌だったかと言うと、像の流れ。

その点、このレンズは相当優秀です。買って良かったと思いました。
もともと、24-105F4のワイド側の歪み、テレ側の眠い画質、低い逆光性能。全く気にしてません。
でも16mmが安定しているので、これ24mmで撮ったかなと思える程でした。
像の流れも、玉ボケであれば、周辺角がちょっと楕円形になる程度です。

逆に言うと、魚眼ズームや14mm単がインパクトがありすぎて、平凡レンズとも言えます。
登山道の関係で非常に使いにくかった単レンズ。どちらかと言うと、山小屋を入れた星空狙いがメインになってしまってました。それに高山では、24mm域も中々使う事が少なかったです。

星空の関係では、少し暗いのが困り物だけど、間違いなく使える場面は多いです。
どちらを泊まりの登山に持って行くか、ちょっと迷いますね。でもズームだと自分の影が写らないように調節出来るし、かなり良いです。日帰りならズームの方を選びます。
それと、旧タイプと違いフードがかさ張らないです。最近のレンズはボタンがあって、それを押すと外れるのですが(魚眼ズームも同じ)、このレンズに関しては、フードを逆さまに装着しても、カチッと止まります。カラ周りしません。

もう一つ重要なのが、レンズキャップが中央のつまみで装着出来る事です。市販のを買えば済む話でもあるのですが、私の場合、薄手の手袋を装着しての取り付けだった為、いつも手袋の先が挟まってしまい、非常に面倒でした。その為に手袋を脱いでました。
中央のつまみのお陰で、無駄な作業が減りました。一々市販のレンズキャップを買い揃えたくないですし。
それを考えると、超広角としてはコスパはかなり高いなと感じています。

私は発売日に買ったレンズはこれが初めてで、後は大半が中古です。
中々良いレンズでして、これと望遠ズームの二本での登山もありだと思っています。


by mountain-snapshot | 2014-07-06 22:11 | 富山の低山 | Comments(6)

山岳スナップ413




PLフィルターの話を少し。

この低山の登山口に到着したのは午後1時半でした。
天候が悪かったので、標高が低いにも関わらずガスが発生していました。
幸い雨は降ってなく若干薄明るい状態でした。

森の中は暗いので、PLフィルターを外すか迷いましたが、暗いなりにも柔らかい光が差し込んでいた為に、濡れている植物や水面は光ってました。
それで、この写真の時もフィルターの効果を使っています。無しの場合は、水面はもっと白く写ってますし、植物も白っぽくなっています。ただ、何でも効果を最大にすれば良いわけでは無く、反射を残した方が良い場合もあります。水面に反射する(写る)物が綺麗なら、寧ろ使わない方が良いです。

私の先生は、この場面だったら、もっと植物のテカリを取り除いていたと思います。
以前、木に張り付いている植物の葉を撮った時に、プラスチックに見えるから、テカリは取り除いた方が良いと言われました。それを思い出しながらテカリを残しました(笑)
別に逆らってるわけでも無く、潤ってるのが綺麗だったので。
これが私の感性。先生の感性とは違います。どちらも個性。


それと、昨日久しぶりに写真教室に行きました。
合格を頂いたのは白山の写真でした。全周魚眼で、丸の中に木が写っているのと、対角線魚眼で、黒ボコ岩を撮影したものでした。もう一つは別の山でして、それは次のシリーズで。二枚に比べたら大した写真では無いのだけど、視点が良いとの事でした。





by mountain-snapshot | 2014-07-05 19:03 | 富山の低山 | Comments(8)

山岳スナップ412




これも、低山「中山」同様に、病院の診察とリハビリ後に登った山です。
天気が悪くて薄暗いのと、PLフィルターを装備してたので、本来は三脚が要る場面でした。
PLフィルターは、少しでも低感度で撮影する為に外そうかとも思いましたが、やはりテカリが強くて駄目でした。

この写真の他にも、PLフィルターの効果が最大限のもあります。けれど、そちらは選びませんでした。
水の白いラインが必要以上に消えていたからです。それによって、水の流れが狭い感じになり、岩ばかりが強調されてしまいました。

水の流れを出すには、1/15秒~1/8秒位が良いです。もっと遅くするのも良いけど、水と言うよりも白い糸みたいな感じにもなり易いですし、勢いが感じられなくなったり。まあ表現の仕方次第ですが。
それよりも、どの場面でもそのシャッタスピードを手持ちで求められる方が大変でした。


先日、病院に写真展の様子を見に行ってきました。
ちょっと会いたい人が居たのですが、姿を見かけませんでした。
午後の診察は早めに終わったらしく、神経内科はギャラリーの通路も含めて、静まり返ってました。
一応ブログ用にスマホで写真を撮ってみましたが、自分の写真展を撮るのは、何だか恥ずかしいですね。時々通る人が気になりました。結局、動揺してロクなのが撮れませんでした(笑)


それと、元々閑古鳥が鳴いてるブログですが、最近はグーグルやヤフーの検索からのアクセスが増えました。
数件ですけど(爆)
エキサイトからのアクセスに次いで多いので、写真展でのアピールが成功しました(笑)
by mountain-snapshot | 2014-07-04 11:51 | 富山の低山 | Comments(6)

山岳スナップ398




低山中山の写真終わり。

今日、親父が入院しました。
頭をぶつけた後、暫く経ってからジワジワと出血していたようでして、血抜きを行うそうです。
ずっとほったらかしだと危険でしたが、早期発見だったので大丈夫そうです。


ですが、少し様子を見たいので、暫くブログを休みます。
コメント返しは多少遅れます。
by mountain-snapshot | 2014-06-16 22:04 | 富山の低山 | Comments(11)

山岳スナップ397




樹ばかり続いてますが、後1枚あります。
今日はサッカーですね。天気も良さそうです。テレビ観戦するも良し。遊びに出かけるのも良し。
いいなあと思いつつ、遅番勤務に行ってきます。
by mountain-snapshot | 2014-06-15 09:20 | 富山の低山 | Comments(6)

山岳スナップ396







夜勤から帰ってきました。


魚眼でも、真っ直ぐに撮ると歪みは大分減ります。
この写真の場合は両脇に直線が無いので尚更です。
なので、15mmの超広角レンズとしても使えますが、完全な代用品にはなりません。

それと、このズームはフルサイズでは8mmと15mmしか使えません。
APS-Cのカメラ用に切り替えスイッチがあり、10mm~15mmが稼動範囲になってます。此方は、どの画角でも使えるので、むしろAPS-Cのカメラの方が、対角線魚眼と広角ズームとして使い勝手が良いかも。
私はAPS-Cのカメラは持ってないので、何とも言えませんが。


ついでに、最大撮影倍率が高いと結構寄れるってのもアップしておきます。
なんか、販売員みたいですね(笑)





今から再び職場に行かなければならないので、これで止めておきます。
明日こそは、低山に早朝アタックをかけようと思ってるので、皆さんの所への訪問は明日以降にしますね。
by mountain-snapshot | 2014-06-11 17:52 | 富山の低山 | Comments(6)

山岳スナップ395




全周魚眼側で撮りました。
此方は更に使い方が難しいです。元々、超広角だと真っ直ぐ立っている物も反り返って写ります。
なので、全周魚眼で撮った写真は何枚もありますが、これが一番かなと思っています。他のは幹ばっかりになってしまっていて・・・・・・・。
こういう魚眼は、周りに何かあるのを下から見上げるように撮るのが良さそうですね。
まん丸に写るから、インパクトはあるけれども、そこに頼るのではなく、他のレンズ同様構図はかなり気にして撮らないと。
とは言っても、流石に実際にレンズ付けて覗いて見ないと、どう写るかイメージが湧きません(笑)

曇り空の為に、イマイチな写真となっている中山山頂のもあります。
今回、三脚も用意しての登山の割りには、アップ出来る写真も少ないので、繋ぎとして出そうかなと思ってます。
頂上のは両方撮ってあるので、作品ではなく比較写真として。


本日は大嫌いな夜勤でして、返事は遅れるかもしれません。気力次第です(笑)
by mountain-snapshot | 2014-06-10 10:01 | 富山の低山 | Comments(6)

山岳スナップ394





今日、別の低山に行く予定でしたが、予想以上に天気が悪く中止しました。
「天候なんて関係ないよ。午前中で登山終われば問題なし」
そういう気持ちで挑めば行けてたと思います。今は若干明るい曇り空です。午後2~3時には雨が降るでしょうけど。沢コースだったので、ちょっと怖いかなと思いました。


そして先ほど、写真教室主催の合同写真展の準備が終わりました。
準備と言っても、タイトル作りやデータ、額の用意程度です。
昼食後に先生の所へ持って行き、全員のデータが集まり次第、半切と全紙のプリントが始まります。
登山に行っていたら、間に合わなかった可能性が(笑)


今度夜勤明けの休みにでも、再び日帰り低山を狙ってみようと思います。
天気が良ければ、泊まりで薬師岳行きたいけど、どうも厳しそう。


この写真は魚眼ズームです。
超広角の単も持っていってます。望遠は展望が望めないので止めました。

同じ超広角ですが、オールマイティに使えるのは超広角の方で、魚眼は場所をかなり選びます。
ただ、至近距離での撮影は、圧倒的に魚眼ズームが上で、周辺は歪みまくりますが、広角マクロとして使えます。


by mountain-snapshot | 2014-06-09 11:52 | 富山の低山 | Comments(6)

山岳スナップ393




ソロでは2年以上ぶりの低山登山です。
最近天候に恵まれてないので、立山杉を撮りに行ったのですが、今回も立山杉を撮りに行きました。
私が登ったのは中山と言う山で、馬場島にあります。剱岳の展望台としても人気があり、かなりの人が登山をしに来ます。

ここの近くには剱岳への登山口があります。
私は身体の関係で無理なので2泊3日が必要なのですが、健脚であれば、剱岳を日帰り登山で楽しめる事が出来ます。早月尾根コースと言えば、何処かで聞いた事がある人も居ると思います。
たったの2000m以上登るだけです(笑)サポーター付けても、1000mちょいの下山で膝が損傷を始める私が言うのも何ですが。

話が脱線しましたが、中山にも立山杉が沢山あり、今回は新緑にまだ間に合う時期でしたから、此方にしようと思ったわけです。通院している病院でリハビリを受けた後、午後から登り始めました。
何でも無いような景色は、自分が感動しても写真での表現が難しいです。

天気があまり良くない事が樹林帯を歩く条件としてたので、若干の薄暗さはOK。振り返った時、柔らかい光が葉と道を照らしてました。
こういうの撮りたかったんだよなと思いながらシャッターを切りました。


by mountain-snapshot | 2014-06-08 21:47 | 富山の低山 | Comments(8)